page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
20140711『リンツァートルテ』講座
青森にも台風が来るのでは...と、ここ数日気をもんでいましたが、今日は朝から晴天となりました。
キッチンスタジオにも日差しが入り、なごやかに講座が始まりました。
01_RIMG0367.jpg

今日は奥村先生に『リンツァートルテ』を教えていただきました。
02_RIMG0364.jpg

リンツァートルテ..
このお菓子はオーストリアのリンツ地方が発祥。
世界で最も古いケーキとも言われるリンツァートルテ発祥の地なのだそう。

ウィキペディアで調べると、「アーモンドやクルミの粉末とシナモンやナツメグ等の香辛料を入れた生地の間に、アカスグリ(レッドカラント)ジャムをはさみ、格子模様を付けて焼いた丸いケーキ。」とのこと。
今回は格子状の模様ではなく、 たっ〜ぷりのアーモンドスライスとくるみをトッピングします。
08_RIMG0357.jpg
軽くローストしてから使います。

材料はアーモンドの粉と小麦粉、バター、卵等の材料を混ぜあわせて生地をつくります。
粉類は袋に入れてシャカシャカと混ぜ合わせるととってもラクちんです!
03_RIMG0362.jpg

生地の間にはたっぷりとベリー系のジャムをサンドします。
今回は1台にブルーベリー、もう1台にはストロベリーを....。
04_RIMG0375.jpg

生地の上にはたっぷりのナッツをトッピング。
05_RIMG0379.jpg
これだったら初心者の私にもできそうです♪

後はオーブンで約25分ほど焼くだけ。
07_RIMG0391.jpg

ボリュームたっぷりのトルテが完成しました!
熱々より、1日ほどおいたほうがしっとりとして美味しさが増すらしいのですが、今日は出来たて熱々を試食しました。
06_RIMG0389.jpg
カリッとしたナッツとさっぱりとしたジャムの相性が良くて、とても美味しいお菓子でした♪
旬のブルーベリーでジャムを作ってから、ケーキに....美味しそうですよね!

スポンサーサイト
page top
2013/11/20 「Xmasトピアリー」講座🎅
今日はホーム倶楽部初お目見えの講座、「Xmasトピアリー」講座です。

トピアリーと呼ばれるものにはいくつか種類があるようで、一番ピンとくるものはヨーロッパ式の庭園などで、樹木を刈りこんで動物をかたどったアレではないでしょうか。
そういえば映画のシザーハンズにも素敵なトピアリーがたくさん出てきてたっけ…

それ以外にも、針金などの枠型に草花やアイビーなどのつる植物を這わせて作成されたオブジェも含まれたりするそうです。


本日 教えてくださったのは、『プチ・フルール青森』主宰 石塚先生です。
1_RIMG0093.jpg

初めてだけど、がんばるぞ!


これらの材料を使って作っていきまーす。
2_RIMG0084.jpg



今回のトピアリーはできるだけ丸い形にしていくのですが、まずは飾りに必要な花びらたちの準備をします。
3_RIMG0086.jpg


パチパチとハサミを使って小房に分けていき…
4_RIMG0088.jpg
こんな感じにします。


鉢、はさみ、丸い形の芯になるボール、茎などです。
5_RIMG0091
この花びらたちに細いワイヤーを巻き付けていき、


このような状態にします。
6_RIMG0095.jpg
花びらにワイヤーを巻き付けていく作業では、ひたすらくるくる、クルクル、みんなでクルクル…


次にワイヤリングした花びらの小房たちを、丸い形の芯に刺していきます。
ぷすぷす刺していく、面白い作業です。
7_RIMG0101.jpg
全体のバランスを見ながら、まぁ〜るくまぁ〜るくなるように注意しながら作業を進めていきます。


花びらを刺し終えたら、次はXmas用のオーナメントを飾り付けします。
これで気分は一気にクリスマスモード、ぐいっとハイテンションになります!!
8_RIMG0103.jpg


所々で石塚先生の手をお借りしながら、段々キレイになっていきますよ〜♪
10_RIMG0111.jpg



アクセントになるクリスマスの飾りは、対称になるように気をつけるといいそうです。
9_RIMG0110.jpg
皆さんもう夢中で、時間のたつのも忘れて作業に集中です。
時々離れたところから形やバランスをチェックしながら仕上げていきます、あと一息!


最後のフィナーレ、丸い花の部分と茎の間にリボンを結んで仕上げます。
11_RIMG0116.jpg
リボンの長さも調整して…と。 そしてついに


完成です!! 素敵ですね〜キレイですね〜
12_RIMG0120.jpg

同じ材料ですが花びらの色やリボンの色が違うと、こんなにもニュアンスが変わるのですね〜

Xmas用の飾りを外してしまえば普段使いにもOKだそうです。
その時々でリボンの色や飾りを付け替えてみるのもいいですよね。
なんとも幅の広い、懐の深〜いトピアリーなのでした。











© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。