FC2ブログ
page top
2011/11/18 『アップルパイ』講座
 この時期、地元の方はご親戚や、知人などから沢山のリンゴをいただく方も多いと思います。生で食べるリンゴが美味しいかと思いますが、少し飽きた頃に、アップルパイを作る方も以外と多いのでは?

今日講座を受けた生徒さんの中には、アップルパイを作っている方もいらしゃいましたが、されど、アップルパイ。講座の中では、新しい発見がいくつかあったようですよ!

教えて下さるのは、奥村先生です。

写真は、今日のメイン、リンゴをお塩で洗っている所です。リンゴの表面の汚れがとれるそうです。

リンゴのお菓子と言えば、紅玉ですが、なかなか手に入らないですよね...。
使うリンゴは何でもOK!リンゴによって水分の出かたが違うそう。サン○○○と、サンがついているリンゴはお日さまを沢山あびていて、水分も沢山含んでいるのだそう...。


リンゴにお砂糖をまぶして、30分ほど寝かせておくと、水分がジワ~っと出てきます。
水分があるからリンゴを火にかけても焦げにくいですよね!


今日はリンゴの他にカスタードクリームを中に入れて焼きます。
失敗知らずのカスタードクリームを教えていただきました。


コーンスターチも片栗粉も入れないのに、この艶と滑らかさ...。今日はクリームの中に隠し味をいくつか入れて、大人の味に仕上げていました。


90分と限られた時間でのお菓子講座ですので、ホールを時間内に焼く事が出来ないので、1個づつ包んだアップルパイを作っていただきました。
このサイズで作ると、作りたての熱々アップルパイをほおばることが出来きますね!

中にカスタードクリームと、リンゴを入れます。

網状にカットしたパイ生地を上にのせて、端を押さえて仕上げていきます。


オーブンで約20分焼いて、完成です!

出来立てをほおばりたい所ですが、こちらはお持ち帰り用。

アップルパイが焼き上がるのを待っている間、先生が作って下さったアップルパイを試食です。


今日は、オーブンであたためてから、アイスクリームを添えていただきました。

ラムレーズンの入ったちょっと大人の熱々アップルパイと冷たいアイスクリームが相性バッチリ!この組み合わせおすすめですよ。是非お試し下さい。




スポンサーサイト
© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG