FC2ブログ
page top
2012/07/19 『こけ玉作り』講座
 『涼』を感じる『苔』。涼しく感じるのは『苔=日陰』を連想するからでしょうか...。
今日は室内に飾りつつ、涼しさを感じる『こけ玉作り』を
古川にあるフラワープロデュース「花木-かぼく-」の佐々木さんに教えていただきました。
01_P1080116.jpg

今日はテーブルヤシを使い、苔玉を作ります。
写真右側がテーブルヤシを包む、土だんごの材料です

02_P1080125.jpg

土に、水を加え、手でコネコネして、団子用の土をつくっていきます。
この作業がとても楽しいらしく、皆さん笑顔でコネコネ...。
「癒される~」との声もあり、土に触れる気持ちよさを再認識していました。

03_P1080127.jpg

ポットに入っていた土をはらい、ほぼ根っこ状態にしていきます
04_P1080143.jpg

先ほど作った土で根っこを包みます。皆さん綺麗に丸く成形していました..。
05_P1080150.jpg
この土だんごに苔を付けて仕上げていきます。

そして下の写真が今日の主役の苔です。苔がシート状になっていました。
06_P1080132.jpg
苔にも、日陰が好きな苔や、日向が好きな苔などいくつも種類があるのだそう..。
今日使う苔は、半日陰が好きとのこと。

この苔の下処理をしてから土だんごに、紐を使って付けていきます。

06_P1080154.jpg

あとは、延びている苔をカットして、丸く整えると完成!です。
08_P1080184.jpg
のせる器によって表情がかわりそうですね。

半日陰が好きな苔ということで、さっそく会場の東日本ハウス展示場内の弱い日差しが入る所を見つけ飾ってみました。
09_P1080188.jpg
緑が栄えてとっても涼しそうですよね!


お知らせ
花木-かぼく-」店内では、フラワーアレンジ講座を開催しています。
花木さんの場所など詳しい情報、アレンジ講座のお申込は
こちらでチェックして下さい。



スポンサーサイト



page top
2012/07/19 『アイスコーヒーの入れ方』講座
 今日は、お家でも、お店で飲む本格的なアイスコーヒーを入れたい方にオススメの講座です。
教えてくださるのは、「珈琲焙煎工房 函館美鈴」のコーヒーインストラクター篠村さんです。
01_P1080160.jpg

「美鈴」珈琲でこの季節に人気なのがアイスコーヒー専用豆...。
アイスコーヒー用の豆は、ホットコーヒー用の豆よりも、より深く焙煎してるのだそう。
02_P1080157.jpg
香りはコーヒー豆を少し発酵させたような感じです。

この豆がアイスコーヒーに?・・・と思いきや
挽いた豆は、入れるのが楽しみになるほどすごく良い香りに。
03_P1080158.jpg

豆の分量はホットコーヒーより少し多めです・・・写真は4人分です。
初めに、お湯を少し回し入れて蒸らすのがポイント!!
04_P1080170.jpg
今回はアイスコーヒーなので氷が入っています。
蒸らしの段階で、珈琲のいい香りが部屋中に...。

蒸らしがおわったら、本格的にお湯を円を描くように中央から注ぎます。
05_P1080172.jpg
ドームの様にふっくらと膨らみ、下からは真っ黒なアイスコーヒーが落ちてきます。
先生は簡単そうにお湯を回して入れていますが、見た目と違い、これがなかなか難しいいんですよ...。

分量メモリまでコーヒーが入ったら、コーヒー豆が入ったカップを外します。
まだコーヒーが出ているのにもったいない...と思いますよね。。
でも、美味しいコーヒーを飲むにはとっても大切なポイントなんだそう。
06_P1080193.jpg
実は、上に浮いている泡が雑味になるアク...。このアクを入れないようにカップから外したんですね。

入れたコーヒーは粗熱を取ってから、冷蔵庫に入れて冷やしていただきます。
4日保存可能なので、1度に沢山作っておけますよ。

見て下さい、この色!美味しそう~~。
07_P1080173.jpg
今日は氷を多めに入れて冷やし、さっそく試飲です。一同「美味しい!!」の声。
ストレートで飲むのが苦手な生徒さんも、美味しいとストレートでゴクリ。
香りが良く、とっても美味しいアイスコーヒーでした。

暑いくなるこれからの季節、お家で珈琲専門店のアイスコーヒーでプチ贅沢&リラックスを楽しみませんか。

珈琲焙煎工房 美鈴珈琲の詳しい情報は
こちらでご確認下さい。

© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG