FC2ブログ
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2013/12/11 『デコパージュキャンドル』講座
12月の冷たい風の中、時折見える太陽と青空が清々しさを感じさせてくれます。
ここ青森に住んでいる私たちにとっては、本当に貴重なお天気ですよね
でも、今夜から湿った雪が降るんだとか…  この季節「いいお天気」というものはなかなか長続きしないのですね…

さてさて、今日はこの季節ならではの「デコパージュキャンドル」講座です。
先月に続き、再度開催となりました。
近年 日本でもクリスマスの飾りつけをするご家庭が増えているので、そんな飾りつけの
大事なアイテムともいうべきキャンドルを 素敵にデコしてみましょう

本日も小山内先生に教えていただきました。
002_RIMG0002.jpg


この太いキャンドルに「 ケマージュ 」というデコパージュ専用ののりを塗り、
いろんなプリントを切り抜いて貼っていきます。
001_RIMG0001.jpg


最初にキャンドルに貼るペーパーを選びます。
003_RIMG0004.jpg
サンタクロースもいいし、ポインセチアも華やかだな~
いろんな絵柄があるから、どれにしようか迷うところです 

キャンドルの太さにも気をつけないと…
004_RIMG0007.jpg


使用するペーパーが決まったら、使う部分の絵柄をカットしておきます。
005_RIMG0009.jpg

008_RIMG0013.jpg


カットしたペーパーを専用ののりを使ってキャンドルに貼っていきます。
筆を使ってぺたぺたぺたぺた…
006_RIMG0011.jpg
今回のように大きなキャンドルを使う際 気をつけたいポイントとしては、
「 塗ったのりが乾かないうちに貼る 」為に、「塗る」と「貼る」を少しずつくり返すことだそうです。


少しづつ「塗る」・「貼る」を繰り返していきます。
007_RIMG0012.jpg


ペーパーの貼り合わせの部分もきれいにつながるように、気をつけて…
009_RIMG0015.jpg


じゃ~ん、完成です!!
011_RIMG0022.jpg
水周りに飾る場合には、さらに防水用ののりでコーティングしてあげるといいそうですよ。


どの絵柄もXmasらしいですよね
ゆらゆら揺れるキャンドルの灯りが、より幻想的なホワイトクリスマスにするんだろうなあ…
素敵なクリスマスでありますように
























スポンサーサイト
page top
2013/12/06 『Xmasデコカップケーキ』講座
12月に入り、ジングルベルの鐘の音もサンタさんの足音も
だんだん近づいてきますね♪
今日の講座は前回大好評だった『Xmasデコカップケーキ』です!

市販のケーキにふんわり軽めのクリームと、チョコレートのお菓子を使って
デコレーションをするだけで、素敵な「 クリスマス感 」を
演出することができますよ。

今日も奥村先生が教えてくださいました。
1_RIMG0262.jpg
ポイントになる部分を丁寧に分かり易く説明してくれます。
デコレーションに使う小さいものを先に作っていくのが良いということで…


まずは雪の結晶を作ります。
描きやすくて乾きも速いチョコペンを使います。2_RIMG0259.jpg
あせらずゆっくりとペン先を運びます。
結晶を大きく描いたり小さく描いたり、バリエーションをつけたりします。


次はチョコレートの「小枝」を使って、トナカイの角を作ります。
小枝チョコレートを少し切ってから、
3_RIMG0261.jpg

何と、ろうそくの炎であたためてから、くっつけるんです!!
4_RIMG0264.jpg
先の写真のように「Y」字のイメージでね。


次はデコレーションのメインになる「バニラフロスティングクリーム」作りです。
本場NY のカップケーキはバタークリームでどど~んとデコレーションされてるものが
主流らしいのですが、講座ではフンワリしていて軽い口当たりのこのクリームを使って
デコレーションをしていきます。


卵黄と卵白を分けています。
6_RIMG0270.jpg
このクリームの軽さの秘密はメレンゲにあり、しっかりしたメレンゲを作るためには
卵の殻がちょっとでも混じらないように気をつけなくちゃね。


ボウルにバター・砂糖・塩・牛乳などを入れ、クリーム状になるまで練っていきます。
5_RIMG0269.jpg
文明の利器、ハンドミキサー大活躍です。

卵白もしっかりと泡立てます。
7_RIMG0274.jpg
おいしくするため、がんばるぞ~!!


8_RIMG0276.jpg
クリーム状に練ったものに、3回に分けてメレンゲを入れ、
均一になるように混ぜ合わせていきます。


バニラフロスティングクリームができたら、チョコ・いちご・抹茶パウダーを加えて…
9_RIMG0277.jpg

3色のデコレーションクリームを作ります。
10_RIMG0284.jpg


本日のメインの工程とも言うべき、デコレーション作業です。
11_RIMG0287.jpg
緑はモミの木、チョコはトナカイの顔になりますよ~
もう、大人だって楽しいこの時間♪


12_RIMG0290.jpg
だんだんそれらしく見えてきたぞ、もう一息です。


やった~、できましたよ~、完成しました!
13_RIMG0294.jpg


特に意識したわけではありませんが、自分でデコレーションしたせいでしょうか、
トナカイが微笑んでいるように見えます…
食べるのが惜しくなっちゃうよ~。

クリスマスのテーブルがにぎやかになること間違いなしですよね、
皆さんもぜひ作ってみて下さいね!









page top
2013/12/04/ 『 Xmasトピアリー 』講座
12月にしては穏やかなお天気です、冬の冷たい空気に青空が映えますね。

さて、いよいよ「師走」に入り、皆さま 何かと忙しい毎日をお過ごしかと思います。
そんな時こそ、心に潤いを与えるような美しい何かを、この手で作ってみようではありませんか!
ということで 先日に続き、ホーム倶楽部では2度目の『Xmasトピアリー』講座が開講されました。

樹木や植物を使って様々な立体を造形するヨーロッパの庭園技術を、「トピアリー」といいます。
ゾウやクマなど動物の形を模したものなど、「テレビや映画で見たことあるあるぅ~」
という方もいるのではないでしょうか?
今回も前回と同じように、まる~い形のものを作っていきます。
教えて下さるのはプチ・フルール青森 主宰 石塚雅代先生です。

まずは小ぶりの鉢に茎と、花びらを刺すための芯になるボールを配置します。
01_RIMG0239.jpg
傾かないように気を付けてっと…


次に花びらの準備をします。
細長い針金を使って花びらの根元をくるくるとワイヤリングしていきます。
このワイヤリングが大事です!!
02_RIMG0232.jpg
それぞれの花びらの長さがそろうように気を付けながらくるくる、クルクル……
皆さん集中して、ひたすら、くるくる、クルクル巻きつけていきます。
地味な作業ながらも集中してしまうから不思議。


花びらのワイヤリングが終わったら、球体の芯に花びらを刺していきます。
真上真下、真横、斜め、と 順番を守って刺していけばきれいな形を作りやすいとのこと。
03_RIMG0231.jpg
石塚先生のアドバイスをききながら刺していきます。


04_RIMG0244.jpg
おっ、なんだかちょっとコツ掴めた気がするな~、がんばろぅっと♪


茎の根元の部分が隠れるように、残りの花びらで覆います。
05_RIMG0253.jpg
白と紫の2色使いです。


Xmas用のオーナメントを飾ります。
06_RIMG0250.jpg
きらきら光るものが入ると、華やかさが一段とUP↑↑


仕上げにリボンを巻きます。
07_RIMG0251.jpg
プチフルールのロゴが入ったおしゃれなデザインですよ~

08_RIMG0256.jpg
完成です!

きらきらした木の実や松ぼっくりを根元の部分に飾ってみました。
写真の後ろに写っているツリーともマッチしてますよね。

このトピアリーのように美しいものにたくさん見て触れて、
年末の忙しさで少し疲れた心に潤いを与えてみてはいかがでしょう。













© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。