FC2ブログ
page top
2011/10/28 『パンプキンタルト』講座
パンプキンといえば、ハロウィンですね!
ハロウィンはヨーロッパを起源とした民族行事で、10月31日の晩に行われるのだそう..。

もうちょっと説明すると、
ケルト人の1年の終わりが10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪れたり、精霊や魔女が出てくると信じられていたそうで、これらから身を守るために仮面を被い、魔除けのたき火をたいていたのだそう。
この説明では、カボチャは出てきませんが、この時期にケルト人の行う収穫感謝祭が、他民族の間にも行事として浸透していったのだそう...だから、カボチャを魔除けに使ったのかしら?

前置きが長くなりましがが、
 10月最後の講座は、奥村先生の『パンプキンタルト』講座です。
11panpu_01.jpg

テーブルには、カボチャの馬車を飾ってみました...。
ハロウィンではなく、シンデレラの雰囲気ですね。
11panpu_02.jpg

初めに、タルト生地から作っていきます。
フードプロエッサーでカンタンにできるんですよ。
まずは粉類。
ふるいをつかわず、フードプロセサーで..ふわっと混ぜます。
11panpu_03.jpg

バターやその他の材料を、ガガッ、ガガッと混ぜて、ぽろぽろした状態にします。
11panpu_04.jpg
このぽろぽろ生地を大きめの袋に入れて、まとめます。
ここまで、あっと言う間でした。荒いものが少ないのも嬉しいですね!

生地を休ませてから、袋に入れたままで、平に伸ばしていきます。
11panpu_05.jpg
だから、大きな袋に入れていただんですね。
それに、これだったら手も、めん棒も汚れなくていいですよね~。

パイ皿に敷いてから、フォークで穴を空けていきます。
写真の様に端に空けるのがポイント!!
11panpu_06.jpg
穴を空けたら、タルト生地を空焼きしておきます。

じゃじゃ~んっ!!ようやく、今日のメイン、カボチャの登場です。
皮をキレイに取ったカボチャを裏ごししやすいように、レンジでチンします。
11panpu_07.jpg

裏ごししたカボチャに、バター、お砂糖等を加えてねっとりとするまで混ぜます。
カボチャがまだ熱々だったら、コンロは必要ないんですよ。
11panpu_08.jpg

仕上げに,生クリームを加えてとろっとしたカボチャペーストの完成です。
11panpu_09.jpg

みんなでカボチャペースとちょっとづつ試食!カボチャの風味がふわっと広がっておいしいんです...。このままで食べたいとの声も...。
11panpu_10.jpg

空焼きしておいたタルト生地に流し入れて、オーブンで焼き上げます。
11panpu_11.jpg

焼き上がったパイの粗熱がとれたら、デコレーションをします。
11panpu_12.jpg
クリームとカボチャって相性いいですよね~。たっぷりクリームをトッピングしました。

完成がこちらです。
11panpu_13.jpg
ハロウィンパーティー用に作るんだったら、生クリームではなく、ジャック・オー・ランタンの切り抜きを作って、ココアパウダーをふるって顔を書くのもいいですよね!

さっそくお楽しみの試食です。
11panpu_14.jpg
サクサクしたタルト生地と、滑らかなカボチャのペーストに、みなさん大満足の美味しさでした。


11月の講座表は、11月1日頃に会員さまに発送予定です。
皆さんのご参加をお待ちしています!


スポンサーサイト




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG