page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
2012/09/28 『ポルチーニのリゾット』講座
 今日の講座は、予約制のイタリア料理教室「Cucina Italiana~クッチーナイタリアーナ~」を開催している高橋裕美子さんから、イタリアの家庭料理「ポルチーニのリゾット、ズッキーニの肉詰め」を教えていただきました。

※写真がぼけていてすいません...。

ポルチーニは高橋さんが以前住んでいたイタリアのモデナの名物。
青森では生のポルチーニは手に入らないので、乾燥の物を使います。
使い方は干し椎茸と同じで、戻し汁はとっても良い香りのするおダシになるのだそう。

そして、リゾットに使うお米も、イタリア米。
白いお米を食べる習慣がないイタリアは、リゾットに適しお米が主流。
パスタのアルデンテの様な食感を味わう事ができます...。
イタリア米も輸入食材のお店で売っているそうです。ちょっと高いけど..。本格的なリゾットを作るなら、イタリア米がおすすめ!

今日の料理の流れを説明していただき、さっそく料理に...。

写真は、今日のメイン「ポルチーニ茸」を戻した所。
干し椎茸みたいですよね!!でも、香りは全く違います....。どんな香りか説明できなくてすいません..。

半分はお米と一緒にリゾットに、半分はソテーしてから、最後にリゾットに加えます。

今日、2つ目の主役「ズッキーニ」です。

青森でも多く栽培されるようになったズッキーニは、手に入れやすくなりましたね..。
中身もお肉に加えるため、中に種ができていない中くらいのズッキーニを使います。

スプーンで舟形に穴をあけます。

ここに、牛肉の粗引きを炒め、たっぷりのパルミジャーノを加えた具を詰めていきます。

パプリカも美味しいので...と用意して下さいました...。
オーブンで焼いている間に、リゾットを作ります。

バターで、タマネギ、ポルチーニを炒めて香りを出してから、イタリア米を一緒に炒めていきます。良い香りが部屋中に広がります。

この後、辛口の白ワインを加え、ポルチーニの戻し汁、スープを入れてリゾットを作っていきます。

スープを加えていくと、お米がぷっくりと大きくなっていきます。

ポルチーニ茸をニンニクで香りをだしたオイルでソテーして、リゾットに加えます。


完成がこちら!お米の大きさがわかりますか?

ツヤツヤのリゾットが完成しました!

オーブンに入れたズッキーニも完成!

お肉にしっかりと味がついているから、ソースいらずなんですよ!

高橋さん手作りの、オリーブを使ったしっとりふわふわのパンは、食事にぴったり!

イタリアのお話を交えながら、イタリアのママの味を美味しくいただきました。



何個でも食べれそうなズッキーニの肉詰め。そして、アルデンテの食感のお米とポルチーニは1品だけでもごちそうになる美味しさでした!

青森でも手に入るイタリアの食材で、本場のイタリアの味をお家で作れたら素敵ですね!

◆◇イタリア料理教室「Cucina Italiana~クッチーナイタリアーナ~」◆◇
お友達4人~7人で予約できる料理教室です。
プライベートな空間での料理は、いつもとはちょっと違うゆったりとした時間を満喫できておすすめです。
お友達と誘い合わせてイタリア料理を学んでみませんか。

「ホーム倶楽部を見ました!」と、一言お伝えくださいね!

【お問合せ/お申込み】 高橋裕美子さん迄  TEL 017-741-4911


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。