page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
「 可愛い♡さくら色 ウーピーパイ 」講座
さくらの花もようやく開花し、いよいよここ青森も春本番
本日も抜けるような青空ですよ~、ほんとに気持ちがいいですよね。

さて本日の講座はおいしくて、可愛くて、しかも簡単に作れる「ウーピーパイ」です。
“ウーピーパイ”ってもともとはアメリカ東部の伝統的なお菓子で、やわらかいココア味のしっとりとしたケーキ生地にクリームを挟んだものが定番のスタイル。
だけど今日はクリームではなくマシュマロをはさみ、ケーキ生地もほんのりピンク色にして桜の花のように作ります。



教えて下さるのはホーム倶楽部のお菓子講座でおなじみ、奥村先生です。
2014042402_RIMG0330.jpg

そしてウーピーパイの材料です、がんばるぞっ
2014042401_RIMG0310.jpg




まずはケーキ生地作りからスタート。
ボールの中に薄力粉・砂糖・ベーキングパウダーを入れ、今回は生地をほんのりピンク色にしたいのでイチゴパウダーを使います。 イチゴパウダーを入れると途端に、あたり一面あま~い香りがただよいはじめます 
2014042403_RIMG0311.jpg
あー、もうこの匂いだけでも春を感じます!!
ちなみに「 抹茶を入れてもおいしいですよ ~」と奥村先生。



このボールの中に、牛乳とバターを溶かしておいたものを加えてさっくりと混ぜ合わせます。
すると生地全体がピンク色になり、しっとりとまとまってきました ↓
2014042404_RIMG0313.jpg



出来上がったケーキ生地を絞り袋に入れます。
布製のものより、ビニールタイプの絞り袋のほうが生地がくっつかなくて使いやすいそうです。
2014042405_RIMG0316.jpg


オーブンシートに小さじ半分程度の量の生地を落として、桜の花の形を作ります 
まずは中心にぽとん、それを囲むように中心よりやや小さめに5つ生地をぽとんぽとんとおいていきます。
2014042406_RIMG0318.jpg
さすが先生、左で絞りながら右で切ってる~ 
私たちは2人1組で「絞る人」「切る人」を役割分担したけど、大きさのバランスがなかなか難しいのです。
花の形を作ることに夢中になりすぎて、まるでカニを食べているときのような沈黙 

しかも 絞り終えてオーブンの天板を改めて見てみれば、そこには桜の花というよりはむしろ“ カメ ”なんじゃない? 
「 でも 焼けば少し形もかわるだろうから、カメもいなくなるかも 」と、気を取り直して生地をオーブンへ。




膨らんでくるにつれて、だんだん桜らしくなってきました 
2014042407_RIMG0321.jpg



焼きあがったらすぐに網などに移して冷ましておきます。
きれいに花の形ができてますね 
2014042408_RIMG0322.jpg



ケーキ生地が冷めたら耐熱容器にクッキーを裏返しにおいて、水にさっとくぐらせたマシュマロをのせます。
2014042409_RIMG0331.jpg
チョコレートをプラスしてもおいしいということで、このあとチョコものせちゃいました。



そのままレンジで10秒ほど加熱すると、マシュマロが少しふわっと膨らんでくるのでレンジから出して、上からケーキをのせてそっとつぶします。 そ~っと、です。
2014042410_RIMG0333.jpg
サンドしたマシュマロとチョコがいい具合に広がってますよ~ 



さくら色のウーピーパイの完成です!
2014042411_RIMG0336.jpg


作りたては生地が、外さっくり・中もっちりだし、サンドしたマシュマロもクリーミーで、その名の通りウーピー( whoopee=わぁ~い! )と叫びたくなるおいしさですよ!!
簡単に時間もかからずさくっと作れるウーピーパイ、是非おためしあれ。

 あっ、そうそう、加熱したマシュマロはクリームのように軟らかく、納豆のように糸を引くので、食べ終わった後は口の周りに糸がついていないか、くれぐれもご注意を… 



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。