FC2ブログ
page top
2012/10/25 『セルフリフレクソロジー』講座
 寒くなりましたね~。足の冷えも気になる季節になりました。

今日は初講座「セルフ リフレクソロジー」が開催されました。
教えて下さったのは、筒井にある「ボディーヒーリングLAKUDA」の土田さんです。
01_P1080874.jpg

リフレクソロジーとは、REFLEX(リフレックス=反射)とOLOGY(オロギー=学や論)を合わせた造語。反射療法と呼ばれています。
主に足の裏(手の平を含む場合もあり)の特定の部分を押す事で、体の特定の部位に変化が起こる現象を活用して、疲労の改善を助けてくれるのだそう...。

下の写真はその足の裏の説明図です。
体との相関関係がよくわかります。
02_P1080863.jpg

足の裏にある反射区を痛きもちイイくらいの強さで押して行くのがポイント!
リフレクソロジーでは激しい痛さは、ストレスになると考えるため、本当にいた気持ちいい位の力加減で行うのだそう..。
今日は「不眠症」と「便秘」に対応した、反射区を教えていただきました。
03_P1080884.jpg
写真では、胃の当たりを指で差しています。

自分で足裏をマッサージするときの注意や、押し方など丁寧に教えていただきました。
04_P1080886.jpg
短い時間でしたが、終わる頃には体がポカポカと暖かくなってきます。
これから来る寒さにも、足裏のマッサージはおすすめですね!

◆ボディーヒーリング らくだ ◆
青森市筒井4丁目6-28
予約制にて、フレクソロジーや、アロマボディートリートメントを行っています。
お気軽にお問合せ下さい:tel080-1825-0830

page top
2012/10/18 『ハンガリアンウォーター』講座
 今日は都合により、いつもの会場「東日本ハウス」さんから、オーラソーマ講師の寺崎さんのサロン「フェアリス」に場所を移して講座を開催しました。

10時半から始まったのは、アロマ講座。今回は若返りの水と呼ばれている「ハンガリアンウォーター」を作ります。教えて下さったの原田さんです。
01_P1080801.jpg

「ハンガリアンウォーター」とは.....
ハーブや精油、アルコールなどが用いられ始めた頃のエピソード。 
主人公のエリザベート1世は14世紀のハンガリーの王妃。
彼女は晩年手足が傷み、その傷みを直すためにローズマリーを主体として作った痛み止め薬を塗った(間違って飲んだとも言われていますが)ところ、状態がみるみるよくなり、70歳を超えた彼女に隣国のポーランドの王子が求婚したことから、後に「若返りの水」の評判がたち、今に伝えられたといいます。(ちょっと省略しています...)
02_P1080798.jpg

説明を受け、さっそくハンガリー王妃の水を作ります。
材料には植物性のグリセリンや、ローズマリーの精油やローズマリーウォーター、ローズウォーターにお好みの精油もプラス。
03_P1080807.jpg

「若返りの水」の主役であるローズマリーは、肌のたるみやむくみにも良いのだそう...。
原田さんが今日チョイスしてくれた精油は、若返り力をアップしてくれる、ラベンダー(
新陳代謝を良くする)、 フランキンセンス(老化した肌を活性化させるという)等の精油....。
04_P1080830.jpg
香りと効能を確認しながら、「自分だけの若返りの水」を作っていただきました。
使うのが今から楽しみですね!
page top
2012/10/18 『オーラソーマ』講座
11時から始まりましたオーラソーマ講座。オーラソーマを教えて下さるのは「フェアリス」主宰の寺崎さんです。
01_P1080844.jpg

今日のオーラソーマ講座は「オーラソーマの色と光で新しい自分を発見しよう!」と言うタイトル。その、タイトルを表すかのような光と色の世界がサロンに広がっていました..。
05_P1080825.jpg
光に照らされたボトル...。全てのボトル、そのカラフルさに目が奪われます。

オーラソーマは、惹かれて選んだボトルの色で、今の自分の状態や、自分らしさに気づくことができるのです。

沢山ボトルがあって選べない気がしますが、ボトルの前に立つと無意識にボトルに手が伸びるから不思議です。

選んだボトルにはそれぞれボトルの名前とメッセージがあり、4本それぞれがメッセージを伝えているのだそう...。

04_P1080837.jpg
今日は体験講座ですが、みなさんボトルから沢山のメッセージを頂いていました..。

下の写真はこのボトルを作ったヴィッキー・ウォール氏です。
02_P1080839.jpg
オーラソーマについてもうちょっと詳しくしりたい方は、
フェアリスのホームページをご覧下さい。



【フェアリスからお知らせ】
10月30日(火) 『占星術講座 (あなただけの星ものがたり)』を開催します。
EMMY先生(広島市在住)があなたのホロスコープを読み解き、あなたが誕生した時に持って来たもの、人生の目的などを星の世界から学ぶことができます。
詳しくは
こちらでご確認下さい。

page top
2012/10/17 『オラクルカード』講座
 ホーム倶楽部、初の「オラクルカード」講座が開催されました。

教えて下さったのは、「ワークスペース詩寿華」主宰の田村静香さんです。
01_P1080728.jpg

「オラクルカード」というネーミングを初めて聞く方も多いかと思います。
オラクルカードは、背中を押してくれるような暖かいメッセージが降りて来る神託カードで、今の自分に必要なアドバイスが得られるのだそう...。
そして、オラクルカードには怖いメッセージのカードが一枚も入っていないのも特徴です。

田村さんが、講座に持ってきていただいたオラクルカードです。
その種類の多さに驚かされます..。

02_P1080742.jpg
天使や、妖精、日本っぽい図柄等様々。
オラクルカードの綺麗な図柄を見ているだけでも、癒されます。

オラクルカードについて田村さんから説明を受け、さっそく実践です。

自分がコレと思ったカードを手にとります。
使い方を教えていただき、早速手順通りに...。
カードに聞きたいことを心の中で唱えながら、シャッフル...して..
03_P1080727.jpg
最後にコンッとカードをたたき、カードを選びます。

さて、選んだカードのメッセージは...?
04_P1080746.jpg
オラクルカードにはカードの解説書がついているから、カードのメッセージがとても分かりやすく、初心者にもすぐ使えますね。

カードからいただいたメッセージは、忘れないように書とめておくのもおすすめとのこと...。そして、カードを携帯電話で撮影して持ち歩き、たまに眺めるのもおすすめです!

参加したみなさんにはどんなメッセージがあったのでしょうか....?



「ワークスペース詩寿華」では、
オラクルカードやタロットカードなど各種セミナー、オーラソーマ、数秘術リーディング等の講座を開催しています。
詳しくはこちらをご覧下さい。

page top
2012/09/25 『ボイスヒーリング』講座
 今日は、ヒーリングセラピーの小山内カヲルさんに『ボイスヒーリング』講座を開催していただきました。
01_P1080494.jpg
小山内カヲルさんは、東京二期会のソプラノ会員であり、声楽、ボイストレーニングの講師として活躍、声優専門学校で講師の経歴もあり、まさしく声のプロ!
自己紹介では、ボイスヒーリングを始めたきっかけについてお話をして下さいました。

ボイスヒーリングを行うことにより、声のもつ可能性や、声を使う事の面白さを感じられるといいます。
また、自分の本当の気持ちに気づかされたりするのだそう..。

初めての講座となる『ボイスヒーリング』は、始まる前からドキドキ....。

ボイスヒーリングを始める前に、小山内さんのかけ声に合わせて、首から順に体をほぐしていきます。
02_P1080503.jpg
特に、首、肩回りは入念に....。少し体がぽかぽかとして、緊張もほぐれてきます。

体にはチャクラと呼ばれる、精神のはたらきをコントロールする、重要なエネルギー(中国語では「気」)の出入り口があると言われています。

ボイスヒーリングでは、チャクラに働きかける声(音)を出していきます。
ピアノに合わせて...ひとつずつチャクラに合った声を出していきます。
03_P1080507.jpg

今度は横になって、声を出していきます。
04_P1080509.jpg
自分の声の響きが体に伝わってきて、思っていた以上に、リラックス状態に入るのだそう...。
自分の声の響きとひとつになることで、深い意識のスペースに入っていくんですね。

声をだした後は、目を閉じて、曲をバックにリラックスしていただきました...。

今日は、レイキヒーリングを少し体験していただきました。日本発祥のレイキヒーリングは、優しく穏やかなエネルギーなのだそう...。「愛の波動」とも言われます。
手をかざして、優しいエネルギーを体に当てて行きます。

05_P1080520.jpg
終わった後は、ほわっとした表情で、リラックスされた様子でした...。
声のトーンが少し明るくなったりと、講座の前と後で、少し変化があった方も。

なにげに出している自分の声。少し意識して、声の響きを感じることで、自分を癒す効果があるとは驚きでした。

人気の為、追加講座を開催することとなりました。
開催日は、10月3日(水)10時半~です。

詳しくはホーム倶楽部HPにてご覧下さい


© ホーム倶楽部 スタッフブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG